独立することの面白さと醍醐味

個人事業主エンジニアとなれば、仕事の面白さも多様化します。エンジニアとして仕事はもちろん、会社勤めをするのと比べると、自分のスキルに合うものを選ぶことができます。会社組織の中では、割り振られた仕事に限られますし、場合によってはほとんど同じような業務にもなります。けれども独立して個人事業主となれば、スキル磨きに応じて専門性の高い仕事を獲得することが可能です。もちろん報酬もそれに合わせて高くなる傾向があります。そのために、年収が1000万にもなるフリーのエンジニアも多くいます。

ただし仕事がいつまでも安定して入るとは限らないので、常に営業活動を行うことも必要です。その点に関しても面白さを感じる人は、より多くの仕事を確保しています。クライアントが仕事を依頼する際に、見積もりを取るケースが多くあります。その中で予算を低く提示したエンジニアが仕事を獲得できる確率が高くなります。けれどもあまりに安い予算を提示すると、十分な収入を得ることができなくなるものです。また自分の技術力が高いと自負するのならば、安売りするのは良くないものです。

その兼ね合いでどう交渉するのか、そこにやりがいを見出すわけです。いかに仕事のコストパフォーマンスを高めるかを考えて、仕事選びを行うこともフリーで働くことの面白さというわけです。また、常にスキル磨きを行うことで新しい仕事にチャレンジできる環境にあることも、満足度の高い理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です